« マロウドインターナショナルホテル成田 RWY16プラン…その1 | トップページ | 朝焼けの成田空港・・・早起きは三文の徳? »

2011/01/10

マロウドインターナショナルホテル成田 RWY16プラン…その2

スリランカ航空のコロンボ行きA340-600です。コロンボまでノンストップで10時間のフライトです。最近、新興国の航空会社でも結構いい機体を使用していますネ!

このRWY16プランで面白いのは飛行機が離陸後下から目線の位置に上がってくるところです。たまりませんナ( ^ω^)おっおっおっ!

_nrt2954

このA340はエンジンは4発ですが、1個が小さいので機内はかなり静かです。ボーイングよりもエアバスの方が静かなエンジンを使用していますね!機内で寝るときはエアバスの機体の方が安眠できます。ハイ!

丁度、目線の位置に機体が上昇してくるとこんな感じ。100mmレンズでも有れば十分ですが、離陸位置から目の前に来るまで、結構焦点距離が違うので、このプランで宿泊するときはズームレンズがお勧めですよ!

_nrt2967

ANAと共同運航しているエジプト航空のB777-300ERです。

離陸してから直ぐにブラストが良く見えるようになります。この位の高度が一番迫力のある絵になるような気がします。

_nrt2859

南風の時、普通は16Lが着陸用の滑走路になりますが、A380と貨物機は16Rに着陸することが多い様です。

また、晴れの日は残念ながら、完全に逆光になってしまいます。しかし、目の前に着陸するので、中々面白い絵になると思っております。(・∀・)イイ

今、NRTで見る事のできる3発機はMD-11だけです。貨物機にはMD-11には結構使われています。

_nrt4617_4 

着陸の瞬間にタイヤから白煙が大量に発生。機体が重かったのか、それとも着陸スピードが速かったのか?何れにせよ、16Rは貨物機の多いRWYです。マロウドホテルの真横に貨物機の成田ハブがあるからです。

一度にこれだけのスモークを出すとタイヤの消耗も早いでしょうね!

_nrt4630_2

ここをクリックして頂けると、今後の励みになります。ハイ! -> にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

|

« マロウドインターナショナルホテル成田 RWY16プラン…その1 | トップページ | 朝焼けの成田空港・・・早起きは三文の徳? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マロウドインターナショナルホテル成田 RWY16プラン…その1 | トップページ | 朝焼けの成田空港・・・早起きは三文の徳? »