« 少しだけ見えました! ANA B-787 @ ペインフィールド | トップページ | AH-64D(アパッチ・ロングボウ)機動飛行@霞ヶ浦基地航空祭 »

2010/05/18

ボーイングフィールドのテスト飛行(量産機)

この日は1日ペインフィールド(ボーイングエバレット工場)で過ごしました。開発中の機体を除き、量産機のテスト飛行は1日に3機程度行われるようです。テスト飛行を待つ機体は屋外の駐機場に置かれており、テストの順番を待ちます。

この日はUPSのB767が朝からフライトの用意をしていました。駐機場の機体を眺めていると、整備士やパイロットが機体の中に入ったり出たり、機体のチェックをしているようでした。午前10:30過ぎにやっと最初のテストフライトが始まりました。私が立っている場所はFuture of Flightの屋上のデッキです。日中はずっと逆光でした。

機体が軽いので滑走距離も非常に短く、直ぐにエアボーンして行きました。

D700 VR 70-200mm+TC17(340mm) 1/800 f4.8 ISO200 UPS(United PAarcel Service) B767-AER N388UP

_pan3546

UPSの機体色は白地ですが、ペイントしたばかりで、下面の汚れが無く、真っ白!・・・と言う感じを受けました。羽田や成田ではこんなに綺麗な気体は滅多にお目にかかれませんね!初回飛行ではギアは出したまま飛行するそうです。よって、このテストフライトは初回ではなさそうです。

_pan3565

3時間後、UPSのB767が帰ってきました。因みに、この町はワシントン州エバレットと言う所で、周りは山と海に囲まれています。カナダのバンクーバーまで100km位です。テスト飛行はやはりカナダとの国境のあるビクトリア湾で行っているようです。また、写真の右側の建物がエバレット工場の組み立てラインです。中は見学ツアーに参加すれば見学することも可能です。但し、写真撮影は禁止されています。

_pan3626

滑走路は目の前に有り、タッチダウン寸前のB767がレベルで通り過ぎていきました。まさに手の届きそうな距離でした。横から見ても、純白の機体は眩しい位です。エンジンナセルもギア周りもピカピカですね!着陸する機体の奥側が駐機場です。

_pan3634

タッチダウンすると、白い煙が強く上がります。静かに接地しているようですが、タイヤが新しいのでスモークも沢山上がります。

_pan3640

おまけ・・で、この機体は離陸するのかと思ってファインダーを覗いていたら、ただフルストップのテストをしただけで駐機場に戻っていきました。こんなシーンもこのペインフィールドならではの光景でした。普通の空港ならトラブルで離陸中止は事故扱いですが、ここは毎日何回でもフルストップの検査滑走をしているようです。

_pan3942

ここをクリックして頂けると、今後の励みになります。ハイ! -> にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

人気ブログランキングへ

|

« 少しだけ見えました! ANA B-787 @ ペインフィールド | トップページ | AH-64D(アパッチ・ロングボウ)機動飛行@霞ヶ浦基地航空祭 »

コメント

>YOSHI

こんばんは、paparisuさん!

私もこんなに綺麗な機体を見たのは初めてです。

数日前に塗装を終えたばかりの機体ですから、当たり前ですが、
塗装された部分だけでなく、金属剥き出しの部分もピカピカで
すから、余計そのように感じますね。

投稿: YOSHI | 2010/05/19 23:52

UPSの機体はあまりキレイなのを見た事がありませんが、これはピカピカですね。
2枚目の写真は出来たてホヤホヤという感じがします。

投稿: paparisu | 2010/05/19 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しだけ見えました! ANA B-787 @ ペインフィールド | トップページ | AH-64D(アパッチ・ロングボウ)機動飛行@霞ヶ浦基地航空祭 »