« 海陸風@羽田空港 | トップページ | ザルツブルグ空港の撮影ポイントから »

2009/10/27

ヨーロッパで見たトーイングカー

空港で飛行機の撮影をしていると、結構世の中では見かけない特殊車両が空港内で活躍しています。その中でも飛行機をPUSH-BACKさせたり、整備場からゲートに飛行機を牽引してくるトラクターに注目すると結構色々なタイプが有るようです。

所変われば品変わるとはよく言ったもので!トーイングカーも欧米は日本とはかなり違うようです。ドイツのフランクフルト空港ではB747も前輪を挟み込んでトーイングカーに引き込み、牽引していました。時速15km/h位出てたような気がします。日本では殆どが小松製作所製のようですが欧米ではBLISS-FOX車のF1-500が多いようです。(どうでもいいことですが・・・)

フランクフルト空港(ドイツ)にてB747の牽引中。

                          Fra_028

こちらはルフトハンザ航空のA340を牽引中。牽引車には先導車が必ず付くようです。

                          Fra_005

最近は日本でもIBEXが使用しているCRJを牽引しているところです。トーイングカーにも種類が色々あるようですが、小さい機体の割には大きなトーイングカーで引っ張ってました。要するに大は小を兼ねると言ったところでしょうか。因みに、バックの機体はシンガポール航空のB747です。 

                          Fra_035_2                     

所変わって、ポーランドのワルシャワ空港です。ここではポーランド航空がメルセデスベンツ製トラックのウニモグをそのままトーイングカーとして使用していました。このトラックは空港では冬は除雪車として活躍していました。所謂多用途車ですね。日本ではこのウニモグを消防署で時々保有しているのを見かけますが、私は日本でこの車が走っているのを見たことは有りません。こんな多用途車で事足りるなら、経費節減の為にも、日本でも使えるような気がしますが・・・。     

                          _waw7544                      

ここをクリックして頂けると、今後の励みになります。ハイ! -> にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

|

« 海陸風@羽田空港 | トップページ | ザルツブルグ空港の撮影ポイントから »

コメント

>KONDOHさん
ご無沙汰です。暫く国内の写真が続いたので、ヨーロッパの空港の写真も出して行こうと思います。

私も先週京浜島に行ってきました。羽田空港は刻一刻と変化しているので、工事の進捗などを見ていると結構面白いと思います。京浜島や城南島は家族連れが多いので週末は駐車場に車を入れるのに一苦労です。

台風の後は写真を撮るのに最高だと思うのですが、私は週末しか行けませんので中々チャンス無しです。

では、また!

投稿: YOSHI | 2009/10/29 00:46

こんばんは。
さすが海外のトーイングカーは日本とは違うのですね。
三枚目の写真、良いですね。
昨日、久々に飛行機撮影に行って来たのですが、京浜島は工事をやっているのですね。
しかし台風一過で視程も良く、絶好の撮影日和でした。

投稿: KONDOH | 2009/10/28 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海陸風@羽田空港 | トップページ | ザルツブルグ空港の撮影ポイントから »