« 新しい撮影ポイント@クラコフ空港 | トップページ | 完全なる水平飛行(フラップ0°) »

2009/05/18

離陸してくる機体

飛行機撮影で飛んでいる機体を撮る時には、一般的に(空撮を除き)下から見上げる形で撮影することになります。それは飛行機がカメラより上にあるから当然です。

私は常々、飛んでくる機体を上から撮ってみたいものだと思っていました。しかし、それを実現する為には滑走路の近くで滑走路よりかなり高い位置から撮影する必要があり、地理的にもそのような空港は少ないと思います。また、有ったとしてもそこに行くのが困難であるか、立入り禁止の場合が多いと思います。

今回、「下から離陸してくる機体」を撮影する機会がありました。場所はギリシャのアテネ空港です。

例によってビジ悪・ピンボケ気味です。ハイ!機体はOlimpic Airlines Boeing 737-42J、機材はNikon D300+VR300mm f2.8+TC17EⅡ。

_ath4195_2

撮影しているとB-737が段々近づいて来るような気がして、結構迫力がありました。

_ath4197

この位置でも機体は未だ目線より下にあります。機体が下から上がってくるのは何とも不思議な感じがしました。

_ath4199_5

この位置でやっと目線位です。飛んでくる機体を真横から撮影。

_ath4215

撮影スポットは下記の場所でした。滑走路から直線で1km以内で順光であればBEST SPOTだと思います。初めて行ったギリシャでこんな所を探すのは結構苦労しましたが、GOOGLE MAPを活用して何とか行き着きました。

_ath3576

ここをクリックして頂けると、今後の励みになります。ハイ! -> にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

|

« 新しい撮影ポイント@クラコフ空港 | トップページ | 完全なる水平飛行(フラップ0°) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい撮影ポイント@クラコフ空港 | トップページ | 完全なる水平飛行(フラップ0°) »