« easyJet@KRAKOW(格安航空会社 その2) | トップページ | 教会のある風景@KRAKOW AIRPORT »

2009/03/24

悲惨な事故でした!MD-11 着陸炎上@成田空港

今朝、寝ぼけ眼で朝のCNNを見ていると悲惨な映像を目にしました。成田空港であると聞き二度ビックリ!思わず見入ってしまいました。私の知る限り、旅客機が滑走路に叩きつけられて、バウンドする事故は過去に何度か見てきましたが、翼端が地面に触り、翼が捥げた後、着火しながら反転してしまうのは最近では世界中でも旅客機では例が無かったと思います。

下記YOU TUBEの映像はCNNの映像ですが,成田空港の定点監視用カメラのものだそうです。

MD-11の接地時にパワーをアイドルにしている時、ダウンバーストにより尾部を滑走路に強打し、バウンドして機首が上がってしまった為、パイロットが水平に保とうとしたところ、下がりすぎて今度は機種を滑走路に強打、その瞬間バランスを崩して左翼が接地し、翼が捥げて炎上、更に反転したようです。

詳しいことは事故調査委員会が報告すると思いますが、日本ではこの様な事故は初めてですから、日本の事故調が結論出すのはまた時間が掛かるでしょう。

パイロット2名がお亡くなりになったとの事でご冥福を祈りたいと思います。でも、朝方にウィンドシアが起こるなんて、信じられない事ですが、よほど千葉県付近は気圧の差が激しかったのでしょうね。最近、成田空港に降下中にNWAが下降気流に巻き込まれた事故があったばかりですが、成田付近はこの様な天気が結構有るのでしょうか?私も良く利用するのでゾッとします。

成田空港は日本の玄関にもかかわらず、クロスの滑走路が無いため、強風時は恐いですね!今時クロス滑走路が無い国際空港は珍しいと思います。国土交通省に早く作ってもらいたいものです。・・・地元と色々な問題を抱えているのは十分皆さんご存知だと思いますが・・・。

クロスウィンドの進入及び機首引き上げ時にダウンバーストを受けた例が最近ルフトハンザでもありました。この時は翼端を地面に接地させたものの、運良くゴーアラウンドできて重大事故に至りませんでしたが、下記がその時の映像です。

これらの気象下では非常に操縦技量が要求されると思われますが、単に操縦ミスと言うにはあまりにもパイロットには過酷であると思います。事故の再発防止にはまずはクロス滑走路を作ることが先決ではないかと思いました。皆さんはどう思いますか?

ここをクリックして頂けると、今後の励みになります。ハイ! -> にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

|

« easyJet@KRAKOW(格安航空会社 その2) | トップページ | 教会のある風景@KRAKOW AIRPORT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531331/44450806

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨な事故でした!MD-11 着陸炎上@成田空港:

« easyJet@KRAKOW(格安航空会社 その2) | トップページ | 教会のある風景@KRAKOW AIRPORT »